Terada Motors Facebook Terada Motors instagram Terada Motors Youtube

ハーレーダビッドソン契約正規販売店/ビューエル契約正規販売店 カワサキ販売店寺田モータース
会社概要 代表挨拶


寺田モータースについて

Terada Motors Harley-Davidson Eagle

有限会社寺田モータースは創業1963年(昭和38年)、50年を遥かに超える歴史を有する会社です。 阪神間でHARLEY-DAVIDSONを取り扱うディーラーとしては最も古く、積み重ねてきた経験の多さでは頭一つ抜きん出ていると自負しております。

尼崎本店は尼崎市西域の国道2号線に面しておりHARLEY-DAVIDSONの新車、中古車そして希少なKAWASAKIの旧車等を販売しているほか修理やチューニング等のサービスを行っております。

第二店舗のHARLEY-DAVIDSON PLAZA ITAMI (ハーレーダビッドソン プラザ伊丹)は 伊丹市緑が丘の国道171号線に面しておりHARLEY-DAVIDSONの新車、中古車販売といったディーラー業務に特化した店舗となっております。 伊丹店は2018年の10月にリニューアルオープンした店舗でもあります。

有限会社寺田モータース 代表挨拶

有限会社寺田モータース 代表取締役 寺田史郎
弊社ホームページをご覧頂きまして誠に有難う御座います。 代表の寺田史郎で御座います。
「寺田モータース本店」「ハーレーダビッドソンプラザ伊丹」 両店のスタッフは私を含めてバイク好き、そしてバイク乗りが好きな スタッフばかりです。それぞれ個性はバラバラなのですが各種の エキスパートが揃っております。サーキットで結果を残す者、 トレンドのハーレーカスタムが大好きな者、旧車好き、カフェスタイル が好きな者、ハーレーウエアやグッズに非常に詳しい者、 走る曲がる停まるといったバイクの三条件に特化して得意な者などです。
国家整備士免許は勿論、ハーレーダビッドソンメカニックの最高峰である タイトル「マスターオブテクノロジー」を保有するメカニックや 担当者にご相談いただければ即座に的確なアドバイスの出来る 仕組みが弊社には御座います。
我々有限会社寺田モータースは個性溢れるスタッフの集合体ですが、共通する思いは 「お客様一人一人の価値観に合わせた満足をバイク乗りの立場から提案、提供し、  お客様に対してだけでなく人に対して親切に接する」ということです。 お客様と共にオートバイを楽しむ事を念頭に置きこれからも共両店を運営させていただきます。
両店舗の違いは両店舗の案内をご覧下さい。

お客様の声

Nさんの声:
免許を取る前は免許自体取れるか不安でした。
二輪自体が苦手で、ましてや大型のハーレーとなるとごつくて重たいイメージでした。
でも、ハーレーは憧れで、かっこよくて世界で一番セクシーな乗り物だと思ってたので何とか頑張って免許を取得しました!
今でも不安はありますが何よりも夢が叶って嬉しいです!それ以外にありません!
でもやっぱりハーレーは重たい。これもハーレーに乗っているからこそ感じられる喜びだなと思います!
最初は男の世界といったイメージでしたが女性のハーレー乗りも結構いて女性だけのツーリングにも参加してみました。
すごく印象に残っていることは初めて寺田モータースに入った時でした。すごく緊張していて、おそるおそる一人で入ったんです(笑)。
敷居が高いし、天井も高く、場違いだしえらいところへ入ってもうた(苦笑)みたいな感じでした。
けれどいざ入ってみると恐ろしいところではなく、気さくに声をかけていただきすごく安心しました。
仕事が忙しくてなかなかお店へは行けませんが、色んなイベントもしていただいているようで寺田モータースには満足しています!
有料でもいいのでカフェメニュー(ご飯物)みたいなものがあればめちゃくちゃ嬉しいです!

Terada Motors Harley-Davidson Shovelhead FLH
寺田モータース Terada Motors サーキット
Terada Motors スポーツスターレース
寺田モータース buell レーシング
寺田モータース サーキット レース

部品開発・Kawasaki Z

オリジナルの部品開発・販売にも力を注いでおります。中でもETC車載器を収納するためのアルミ製ケース「ETCロックケース」は大変好評をいただいております。
また、これまでのハーレーダビッドソンと少し毛色の違うSTREET750にも注目し「ストリート750用フェンダーレスキット」や「ストリート750用チェーンドライブ化キット」を開発、 これらを商品化しました。ハーレーダビッドソン社がワールドワイドに開催したSTREET750を使用したカスタムコンテストでは寺田モータース製作のカスタム車両「ゴールドブリオン」が残念ながら優勝は逃しましたが審査員賞を受賞することができました。

数年前に登場したハーレーダビッドソンXL1200CXロードスターが有する潜在能力の高さにも注目し、この車両を基にしたカフェレーサーの開発をヨーロッパを中心としたカフェレーサーブームにさきがけて行いました。
XL1200CXベースのカフェレーサーを製作する過程で新たにデザイン、設計したアルミ製フェアリングは商品化後大きな反響をいただきました。
また、同時期に商品化したタンデムステップブラケットはバックステップを取り付けたスポーツスターでの二人乗りを可能にする商品として市場で好意的に受け取られました。

「ハーレーダビッドソン専門店」としての知名度が高い寺田モータースですがZ系空冷四気筒カワサキ車の整備も得意としております。
ハーレーダビッドソンの看板が大きいためカワサキ部門はその影に隠れてしまっているのですが弊社内での歴史はハーレー部門同等に長く車両の取り扱い方法には自信を持っております。車両の状態で気になる点がある方は一度ご相談下さい。

ハーレーダビッドソン、カワサキにとどまらずかつてはYamahaやSuzukiのオートバイ、さらには自動車まで扱っている時期もございました。 その時代から培われている知識や技術は現在弊社で勤務するメカニックにも受け継がれております。

オートバイユーザーの趣向、希望は千差万別だと思います。オートバイをより速く走らせたい方、外観を変更したい方、傷んだ車体を修復させたい方、ご希望はそれぞれ異なることでしょう。 弊社では車両の整備や修理、そしてカスタム、いかなる作業においてもユーザーの立場、目的、希望をまず第一に考えさせていただきます。
他店では不可能な事柄、断られてしまった作業についてもまずは一度ご相談ください。
もちろん少し立ち寄っていただくだけでも大歓迎です。コーヒーを片手にオートバイ談義に花を咲かせることが出来れば嬉しく思います。コーヒーの味はそれなりですが無料です。

寺田モータース ハーレーダビッドソン カスタム
寺田モータース カワサキ Z1

車両の販売

ハーレーダビッドソン各車種、カワサキZ系の車両を主に扱っております。
中古車、旧式車両に関しましては日本国内外より独自のネットワークでご希望の車両をお探しすることも可能です。 ご相談下さい。以下弊社でこれまでに販売してきた車両の一例です。

寺田モータース ハーレーダビッドソン XLCR カフェレーサー
寺田モータース カワサキ kawasaki Z1000R2
寺田モータース ハーレーダビッドソン パンヘッド ポリス panhead police
寺田モータース 1974年 カワサキ Z1 900super4
寺田モータース ハーレーダビッドソン ショベルヘッド FLH teradamotors_flh_shovelhead
寺田モータース Harley-Davidson Super Glide shovelhead

整備・修理

我々を魅了するハーレーダビッドソン、カワサキの車両ですがコンディションを維持するためには整備が欠かせません。また製造から何十年と時間が経過し大掛かりな復旧作業(レストア)が必要になった車両も少なからず目にします。 ハーレーダビッドソンも含め新型車両では故障部品、故障個所を丸ごと交換し修理完了とする場合が多々見られますが旧型車両は各部品の消耗や時には変形ともありそもそもの基準値がマニュアル値から大きく外れている場合の方がむしろ多く部品交換で修理が 完了することはほとんどございません。また高年式の車両であっても車体やエンジンに手が加えられた車両にはサービスマニュアルの内容が通用しません。
寺田モータースではまず車両の各部を正確に計測し、現状を把握した上で修理に取り掛かります。
内燃機加工や塗装など社外へ協力を依頼する場合もございますが外注先は厳選し技術的に信頼のおける業者とは長い付き合いをさせていただいております。

  
寺田モータース ハーレーダビッドソン スポーツスター シリンダーボーリング
寺田モータース ハーレーダビッドソン スポーツスター クランク
寺田モータース ハーレーダビッドソン sportster 修理
寺田モータース Harley-Davidson Sportster レストア

情報誌 テラダモータースジャーナル

寺田モータースではハーレーダビッドソンが持つオートバイとしての魅力だけでなく「文化」的な側面、そして寺田モータースとは一体どういう場所であるのかということを伝える新聞「テラダモータースジャーナル」を年数回発行しております。
バックナンバーはウェブサイト上でご覧いただけますがご希望の方はお届け先をお知らせください、紙面を発送させていただきます。

テラダモータースジャーナル 寺田モータース新聞

Harley-Davidsonについて

Terada Motors Knuckle Head

ハーレーダビッドソンというモーターサイクルは週末に走り、ひと時の楽しみを提供してくれるだけの存在にとどまりません。
時にはその所有者の人生、生活をも変える可能性を秘めた不思議な乗り物です。 1903年の創業以来紆余曲折はありましたが今日でもアメリカのミルウォーキーから世界へ向けてモーターサイクルを販売し続けているという事実は古今東西、過去から現代までこのオートバイが多くの人間を虜にしてきたということのあかしではないでしょうか。
2017年、ツーリングモデルにはメーカーが9番目と位置付ける新たなビッグツインエンジン「ミルウォーキーエイト」の搭載が決まりました。2019年には電気モーターが搭載されたハーレーダビッドソンの供給が開始される予定です。 環境問題、生活環境の変化など現在ハーレーダビッドソンに限らず自動車、オートバイを取り巻く状況は必ずしも追い風ではありませんが向かい風だとも思ってはおりません。 しかしそのような状況においても独特な乗り心地、楽しさを追求するハーレーダビッドソンが今後どのような道を辿って行くのか我々寺田モータースのスタッフも皆さま同様興味を持って眺めているところです。
コーヒーを片手にハーレーの並んだショールームで共にハーレーダビッドソンの過去、そしてこれからについて語り合いませんか。
ご来店をお待ちしております。

寺田モータース 店舗外観 寺田モータース 車両保管庫
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる